上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| テーマ  基礎代謝 |


ダイエット成功の鍵は基礎代謝を上げることだと言われています。基礎代謝が高ければ、脂肪が燃えやすく太りにくい体質となります。

肥満の原因としては様々なものが挙げられていますが、大別してみると、生活環境による影響が70%程度、遺伝による影響が約30%と言われているんです。


褐色脂肪細胞と遺伝


「褐色(かっしょく)脂肪細胞」は、基礎代謝を高めてエネルギーを消費する働きがあります。ダイエットのためには頼りになる褐色脂肪細胞ですね。でも、残念ながら加齢によって減少していきます。

食事の量は若い頃と変わっていないか、むしろ減っているのに、年をとるほどに太りやすくなる原因の1つには、褐色脂肪細胞の減少や衰えが考えられています。

日本人の約3分の1は、生まれつき褐色脂肪細胞の働きに関わる遺伝子に突然変異があると言われています。遺伝子に突然変異があると、正常な遺伝子の場合に比べて基礎代謝量が約200kcalも低くなるそうです。つまり、太りやすい体質と言えますね。

同じような生活スタイルでも太りやすさに差がみられるのは、遺伝的影響もあるようですね。しかし、「太りやすいのは遺伝のせいだからどうしようもない」とがっかりしないでください。褐色脂肪細胞は、適度な刺激で活性化して働きを高めることができます。

太りやすい人も、食生活に気をつけて適度な運動によって健康な生活スタイルを心がけましょう。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。