上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| テーマ  基礎代謝 |


「ダイエット成功の鍵は基礎代謝を高めること」と言われていますが、ダイエットではなぜ基礎代謝が重要なのでしょうか?

人間の1日の消費エネルギー量については、「生活活動代謝量」、「食事誘導性体熱産生量(DIT量)」、「基礎代謝量」
の3種類に分けられます。

「基礎代謝量」は、生命を維持するために必要な最低限度のエネルギー消費量であり、エネルギー消費量の全体の約7割を占めます。生活活動代謝量では約20%、食事誘導性体熱産生量(DIT量)は約10%を占めています。

このように、基礎代謝量を高めて、生活活動代謝量や食事誘導性体熱産生量も同時に増やせば、ダイエットには効果的です。


生活活動代謝量


「生活活動代謝量」とは、日常生活における活動で消費されるエネルギー量です。これには、通勤、家事、スポーツなど、日常生活のあらゆる活動が含まれています。

生活活動代謝量は、何か特別に激しい運動をしようとしなくても、普段のライフスタイルの中でちょっとした動作を加えることによって簡単に増やせます。

例えば、階段を使ったり、通勤電車の中でつま先立ちをしたり、一駅区間を余分に歩いたりするなど、少しの工夫によって生活活動代謝量はいくらでも増やせるんですね。

食事誘導性体熱産生量(DIT量)


「食事誘導性体熱産生量(DIT量)」とは、食事をした時の消費エネルギー量を指します。食事中や食後には、一般に体温が上がりますが、これが「食事誘導性体熱産生」なんです。

食物の消化のため消化器が機能しますが、このときエネルギーが必要とされます。また、栄養素が代謝されるときに消費されるエネルギーもDIT量になります。

新陳代謝を良くする効果や発汗作用のある食物を食べるとDIT量がアップします。例えば、唐辛子などを食事でちょっと使ってみるように心がけると、無理なくダイエットにつながるでしょう。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。