上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ファッションやメイクもばっちり決めて、容姿も悪くなく、仕事も一生懸命に頑張っているのに、なぜか男性にモテなくて悩んでいる「恋愛偏差値の低い女性」は、知らず知らず無意識のうちに、男性にドン引かれる「NG行動」をしている可能性があるかもしれません。

今回は、恋愛偏差値が低い言動に関する「あるある集」をお伝えします。


モテない女のNG行動


● 愛想が悪い
● 空気が読めない
● 頑固で協調性がない
● やたら強がる
● 自分の暗い過去を暴露したがる
● 「意外と遊んでいる女」をアピールしてくる
● 勘違いファッション
● オタク自慢
● カップルに厳しい
● スマホばかりいじっている
● ゲーム中毒
● 合コンなどの出会いをバカにする
● 恋愛マニュアル本の受け売り
● 男性が苦手アピール
● モテる男性には厳しい
● 好みでない男性に対して厳しい


アンケートの結果から見えてきた真実は、「恋愛偏差値の低い女性」には、初デートから次回へとつながらない壁があるとも言われているんです。 無意識の行動やなにげない一言に、相手を幻滅させている可能性があるということです。

ここに挙げた言動の項目は、恋愛の初期段階では控えましょうね。これまでの言動を、今一度チェックされてみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト


「モテる女性」には、是非とも守るべき最低限度の「大人の女性としてのマナー」があります。

要は、「男性のプライドを傷つける女性」というのは、恋愛の場面では即レッドカード(退場)処分です。これに気付かないようでは、女性として終わっています。

実際に、この恋愛における地雷を知らずに踏んでしまう女性は実に多いんです。

ドッカ〜〜ン!
恋愛、即終了。


男性はプライド(自尊心)を傷つけられると、たとえどんなに美人でも、大好きな彼女でも、その女性のことが一発で大嫌いになる危険性があります。男性のプライド(自尊心)は、男として生きるための活力とも言えますので注意してください。

「モテる女性」とは、男性の心理やプライド(自尊心)をよく理解している女性です。どんなにケンカをしていても、男性の自尊心だけは傷つけないように注意しています。男性のプライドを尊重できているかどうか、それで女性としての評価が大きく分かれるんですね。

例えば、高齢の男性や、仕事の未熟な後輩男性に対して、仕事内容の不備を指摘はしても、人格まで否定するようなマネは決してしません。

男性のプライド(自尊心)を傷つけないように尊重できている女性は、見ていて気持ちのよいものです。私の職場には、人として尊敬でき、手本としたい素敵な女性先輩がいます。

あなたは、男性のプライド(自尊心)に配慮してあげることができていますか?




恋愛を遠ざける恋愛偏差値の低い人は、無意識に恋愛を遠ざける魔の言葉を使っていることがあります。

そんな恋愛偏差値の低い魔の言葉とは、
「面倒くさい」という言葉です。

最近、メイクは手抜き。
ネイルも塗らなくなった。
仕草がおじさん化している。
美容院に行かなくなった。
最近、服を全く買っていない。

こんな「面倒くさい症候群」が出てきたら、女性として「イエローカード」でしょう。

現代の女性は「何がなんでも恋愛をしなければ」という思いが昔ほど強くはないと言われるようになりましたが、少しでも恋愛願望や結婚願望がある人にとっては、「面倒くさい」は要注意の言葉です。

近くに恋愛偏差値の低い女性がいたら、ぜひ観察してみてください。
「面倒くさい」が口癖になっていませんか?

もちろん、その人に合ったライフスタイルがあってよいのですが、恋愛には男性側の好みの問題もありますよね。

女性らしくスカートなんていう訳ではありません。
重要なポイントは、「清潔感」と「品格(色気)」。

これらは、日常で気にしておかなければ簡単に妥協してしまいがちです。
特に注意しておきましょうね。

婚活は、「面倒くさい」という生活スタイルとは180度の真逆にあるものだということを意識しておきたいものですね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。