上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| テーマ  基礎代謝 |


「ダイエット成功の鍵は基礎代謝を高めること」と言われていますが、ダイエットではなぜ基礎代謝が重要なのでしょうか?

人間の1日の消費エネルギー量については、「生活活動代謝量」、「食事誘導性体熱産生量(DIT量)」、「基礎代謝量」
の3種類に分けられます。

「基礎代謝量」は、生命を維持するために必要な最低限度のエネルギー消費量であり、エネルギー消費量の全体の約7割を占めます。生活活動代謝量では約20%、食事誘導性体熱産生量(DIT量)は約10%を占めています。

このように、基礎代謝量を高めて、生活活動代謝量や食事誘導性体熱産生量も同時に増やせば、ダイエットには効果的です。


生活活動代謝量


「生活活動代謝量」とは、日常生活における活動で消費されるエネルギー量です。これには、通勤、家事、スポーツなど、日常生活のあらゆる活動が含まれています。

生活活動代謝量は、何か特別に激しい運動をしようとしなくても、普段のライフスタイルの中でちょっとした動作を加えることによって簡単に増やせます。

例えば、階段を使ったり、通勤電車の中でつま先立ちをしたり、一駅区間を余分に歩いたりするなど、少しの工夫によって生活活動代謝量はいくらでも増やせるんですね。

食事誘導性体熱産生量(DIT量)


「食事誘導性体熱産生量(DIT量)」とは、食事をした時の消費エネルギー量を指します。食事中や食後には、一般に体温が上がりますが、これが「食事誘導性体熱産生」なんです。

食物の消化のため消化器が機能しますが、このときエネルギーが必要とされます。また、栄養素が代謝されるときに消費されるエネルギーもDIT量になります。

新陳代謝を良くする効果や発汗作用のある食物を食べるとDIT量がアップします。例えば、唐辛子などを食事でちょっと使ってみるように心がけると、無理なくダイエットにつながるでしょう。


スポンサーサイト
| テーマ  基礎代謝 |


多くの人が食欲の秋にはダイエットを考える人が増えますが、残念ながらみごと失敗、という方も多いのでは?

かく言う私めも、以下同文。

ダイエットを目指して、よくみつかる情報が「効率良いダイエットには、基礎代謝が重要!」というものではないでしょうか。実際に「基礎代謝」ってよく耳にしますが、いったい何のことでしょう?

これから「基礎代謝」関連の情報をシェアしたいと思います。


| テーマ  基礎代謝 |


ダイエット成功の鍵は基礎代謝を上げることだと言われています。基礎代謝が高ければ、脂肪が燃えやすく太りにくい体質となります。

肥満の原因としては様々なものが挙げられていますが、大別してみると、生活環境による影響が70%程度、遺伝による影響が約30%と言われているんです。


褐色脂肪細胞と遺伝


「褐色(かっしょく)脂肪細胞」は、基礎代謝を高めてエネルギーを消費する働きがあります。ダイエットのためには頼りになる褐色脂肪細胞ですね。でも、残念ながら加齢によって減少していきます。

食事の量は若い頃と変わっていないか、むしろ減っているのに、年をとるほどに太りやすくなる原因の1つには、褐色脂肪細胞の減少や衰えが考えられています。

日本人の約3分の1は、生まれつき褐色脂肪細胞の働きに関わる遺伝子に突然変異があると言われています。遺伝子に突然変異があると、正常な遺伝子の場合に比べて基礎代謝量が約200kcalも低くなるそうです。つまり、太りやすい体質と言えますね。

同じような生活スタイルでも太りやすさに差がみられるのは、遺伝的影響もあるようですね。しかし、「太りやすいのは遺伝のせいだからどうしようもない」とがっかりしないでください。褐色脂肪細胞は、適度な刺激で活性化して働きを高めることができます。

太りやすい人も、食生活に気をつけて適度な運動によって健康な生活スタイルを心がけましょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。